フィリピン・ボラカイ島でオススメのダイビングサービス&スポット11選とは

フィリピン・ボラカイ島はダイビングサービス&スポットの数もかなり充実しています。また、このダイビングサービスを併設しているリゾートホテルも多いです。日本人のインストラクター常駐のサービスも多く、言葉の心配も不要です。特にライセンス取得などの場合、最後まで日本人スタッフがケアしてくれるのかをしっかり確認したいですよね。

 

今回はこの”フィリピン・ボラカイ島でオススメのダイビングサービス&スポット11選”をご紹介します。

ボラカイ島でオススメのダイビングサービス4選

まずはボラカイ島でオススメのダイビングサービスを4つご紹介致しますね。

1.アイランド・スタッフ

サーフ・サイド・ボラカイ・リゾート&スパの隣に位置してます。この”アイランド・スタッフ”の最大の魅力は、水中で魚をじっくり見せてくれることです。また、4人に1人の割合でインストラクターが付いてくれるなど安全面も重視しています。

アイランド・スタッフ基本情報

  • 住所:Angol
  • TEL:(036)288–3316
  • 料金:体験ダイビング(器材込み)3,000P/2.5h、1ボートダイブ(器材込み)1,800P、PADIライセンス取得(オープンウォーター)22,000P/3日間(器材、申請書込み)※ホテルまでの送迎有り(有料)
  • HP:アイランド・スタッフ

▶︎南国リゾート”フィリピン・ボラカイ島”でオススメのホテル17選とは

2.ボラカイ・スクーバ

ディー・モールの近くにある日本人経営のダイビングサービスです。少人数制なので丁寧なサービスを受けられます。ボラカイ滞在歴の長い日本人スタッフが多く常駐しています。マリンアクティビティも充実しています。

ボラカイ・スクーバ基本情報

  • 住所:Station 2, Beach front
  • TEL:(036)288–1784
  • 料金:体験ダイビング(器材込み)3,000P、ファンダイブ(器材込み)1,800P、PADIライセンス取得(オープンウォーター)22,000P/3〜4日間(器材、申請書込み)
  • HP;ボラカイ・スクーバ

3.アクアライフ・ダイバーズ・アカデミー

この”アクアライフ・ダイバーズ・アカデミー”のスタッフはボラカイの海を知り尽くした、経験豊富なダイバーばかりです。日本語の話せるフィリピン人や日本人インストラクターが常にいるので、言葉の心配もありません。マリンスポーツなどの予約も行っています。

アクアライフ・ダイバーズ・アカデミー基本情報

  • 住所:Manggayad
  • TEL:(036)288–3276
  • 料金:体験ダイビング(器材込み)3,000P/3h、1ボートダイブ(器材込み)1,800P、PADIライセンス取得(オープンウォーター)22,500P/2〜3日間(器材、申請書込み)
  • HP:アクアライフ・ダイバーズ・アカデミー

4.ビクトリー・ダイバーズ

周辺の海だけで5300本以上も潜っているドイツ人オーナーによる、冒険心あふれるサービスです。クヨ諸島などへのだいぶツアーほか、大物スポットへのツアーに力を入れています。

ビクトリー・ダイバーズ基本情報

  • 住所:Manggayad
  • TEL:(036)288–6056
  • 料金:体験ダイビング(器材込み)3,000P/3h、1ボートダイブ(器材込み)1,800P、PADIライセンス取得(オープンウォーター)22,000P/3〜4日間(器材、申請書込み)
  • HP:ビクトリー・ダイバーズ

▶︎フィリピン観光客必見!ボラカイ島でオススメのレストラン12選とは

初心者から上級者まで魅了するボラカイ島のダイビングスポット7選

ボラカイ島周辺の海ではとても小さな生き物から愛らしいトロピカルフィッシュ、そして大物まで、様々な生き物がみられます。地形的にも、初心者から上級者までが楽しめる環境が揃っています。

 

上記したダイビングサービスの人にオススメのダイビングスポットを紹介していただいたのでその中から7つご紹介しますね。

5.カミアⅡ

深度30mのところに船が沈む、代表的なスポットの一つです。ツバメウオの群れをはじめ、ニシキフウライウオ、カミソリウオなどがみられます。ウミウシや甲殻類も豊富なダイビングスポットです。

6.ヤバック

水深約30mの棚から始まるドロップオフ。ドリフトダイビングのポイントで、中級・上級者向けです。特に12月〜4月は、50匹ほどのイソマグロの群れを見ることができます。

7.ブンタ・ブンガ

出会える魚は大物から小さな生き物までと幅広いです。ウミウシの種類が多く、図鑑にも載っていないようなものさえ見られます。ピグミーシーホースに出会える確率も高いです。

8.バリンハイ

水深9〜20mのショートドロップオフで、水底は一面砂地とガレ場からなります。ハゼの種類が豊富で、ウミウシ類も珍しいものが多いです。マンタやマダラトビエイに遭遇することもあります。

9.クロコダイル

生物の種類は多いのはもちろん、サンゴのきれいさはボラカイで一番です。ただ、潮の流れを考慮して潜る必要があります。

10.フライデーズロック

最大でも水深18mで、初心者でも楽しめます。バラフエダイやミゾレチョウチョウウオの群れに出くわすと、前が見えないほどです。日本では珍しいトウアカクマノミも見られます。

11.オン・ザ・サンド

アイランド・スタッフのオリジナルポイントです。ただし6〜11月限定です。運が良ければ、ミミックオクトパスやハナイカに出会えます。ボラカイ島周辺ではここでしか見られないティラーズガーデンイールも生息しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はボラカイ島のオススメダイビングサービス&スポット11選をご紹介しました。あなたも上記したことを参考にしてぜひボラカイでのダイビングを楽しんでくださいね。

The Woodlands Resort

 

The Woodlands Resortとは、NKFG社Durosland社で手がけるフィリピン退職庁公認の高級コンドミニアムのリゾート施設です。場所はフィリピン・セブ島でマクタン国際空港から車でおよそ40分程度のところに位置していおり、2020年に完成予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です