フィリピン・セブ島で夜遊びするならココ!全力でオススメする「ビキニバー」13選とは

今回はフィリピンセブ島で夜遊びをする際に絶対に外せないビキニバーを13店舗ご紹介しますね。男性の方は要チェックです。

 

Contents

1.ラブシティ

出典 http://cebufan.com/bbs-spot/cbbs.cgi?mode=al2&namber=22&rev=&no=2&P=7219

ボルボグループ唯一のビキニバー!新人の女の子が最も多く投入される!

セブ最大勢力を誇るボルボグループが経営する唯一のビキニバーです。

 

多くのビキニバーが集まるマンゴエリアを中心に位置し、若くてかわいい女の子が多いと評判のお店です。若さの秘密は、グループ内でスカウトした女の子が最初に配属されることが多いので、フレッシュな女の子が揃うのです。また、このラブシティの目の前に客引きがいて、この人たちに連れていかれると仲介料が発生するので注意が必要です。
ラブシティ基本情報
  • 入場料:無料
  • 飲み物:ビール1本70P前後、LDは1杯280P前後
  • 営業時間:20:00〜AM2:00
  • BF:4000P〜6000P程度
  • 予算:7000P程度

※BF=「Bar Fine」(お持ち帰り代)LD=レディースドリンク

2.K45(旧SK2)

出典 http://tomrich.sakura.ne.jp/cebu_a.html

他店から離れてポツンとありますが、評判を聞きつけたお客さんで賑わっています!

マンダウェイ市を貫くハイウェイ沿いにある大型店です。他の店から離れてポツンと一軒だけあるので、行きづらいイメージがありますが、陽気でノリの良い女の子を集めていて、評判を聞きつけ、遊びに来るお客さんで常に大盛況です。VIPルームもあるので仲間といって大騒ぎできます。

3.プラネットX

出典 http://tomrich.sakura.ne.jp/nl_cebu.html

マンゴエリアで最も広いお店なので大人数で遊びに行っても大丈夫!

マンゴエリアの表通りにある大型店です。もともと二軒だったお店を1つにまとめたので、ステージも2つあり、所属する女の子たちの数も多いです。

 

性格の良い女の子たちが揃っており、こちらのお店なら大人数で遊びに行っても好みの女の子に出会えるでしょう。日替わりの水着制服も人気です。
プラネットX基本情報
  • 入場料:無料
  • 飲み物:ビール1本60P前後、LDは1杯200P前後
  • 営業時間:20:00〜AM3:00
  • BF:2000P〜3000P程度
  • 予算:4000P程度

※BF=「Bar Fine」(お持ち帰り代)LD=レディースドリンク

4.カンパイ

出典 http://cebusurvive.doorblog.jp/archives/40831166.html

日本語堪能なママさん達が日本人客を大歓迎してくれる!

マンゴーエリアの表通りから少し入った場所にあり、もともとは「テンプテーション」の名前で営業していました。経営者の方は変わりましたが、昔より日本人客を大切にするお店として知られており、日本語堪能なチーママたちが出迎えてくれます。女子高生をイメージした制服もセクシーと大評判です。
カンパイ基本情報
  • 入場料:無料
  • 飲み物:LDは1杯250P前後
  • 営業時間:20:00〜AM3:00
  • BF:2000P〜3500P程度
  • 予算:4000P〜5000P程度

※BF=「Bar Fine」(お持ち帰り代)LD=レディースドリンク

5.シスター

ゴーゴーバーのノリの良い雰囲氣を大切にするビキニバー!

ココはマンゴエリアにこじんまりあるビキニバーです。セブのビキニバーはナイトクラブ風のサービスを行う店が多いのですが、こちらの店はゴーゴーバーらしさをウリにしており、リラックスしてバカ騒ぎが楽しめます。女の子たちは少数精鋭ですが弾けた性格の女の子が多いです。
シスター基本情報
  • 入場料:無料
  • 飲み物:ビールは1杯80P、LDは1杯250P
  • 営業時間:20:00〜AM3:00
  • BF:2000P〜3000P程度
  • 予算:4000P〜5000P程度

※BF=「Bar Fine」(お持ち帰り代)LD=レディースドリンク

6.ツインテッドシスター

シスターの姉妹店として2013年にオープン!セクハラし放題のお店!

シスターの姉妹店としてオープンしたこちらのお店は、シスターと同じく何も考えずにバカ騒ぎできるお店として評判です。水着でなくあえてワンピースの制服を着用していますが、これはお客さんたちにセクハラを楽しんでもらうためのモノです。

7.バイキング

出典 http://blog.livedoor.jp/darumataisho-6969/archives/cat_1098903.html

マンゴーエリアで3店舗を展開するバイキンググループの中核店。

マンゴーエリアの老舗ビキニバーです。「ネクストドア」「BG’S」のグループ店を持つバイキンググループの繁盛店で、グループの中で最も広いお店です。女の子の揃いも定評があり、高級ナイトクラブから移籍してくる子も少なくありません。マンゴでは最初に顔出したいお店です。

バイキング基本情報

  • 入場料:無料
  • 飲み物:ビールは1杯75P、LDは1杯170P
  • 営業時間:20:00〜AM3:00
  • BF:4000P〜5000P程度
  • 予算:7000P〜8000P程度

※BF=「Bar Fine」(お持ち帰り代)LD=レディースドリンク

8.アスター

ASフォルトナ通りに2015年オープンの連れ出しできるカラオケクラブ!

ASフォルトナ通りの中程、ローリングヒルと呼ばれる祭場の並びに2015年にオープンしたカラオケクラブ(ジャンルとしてはビキニバーに属します)。お店の雰囲気は日本のフィリピンパブっぽいので、初めてセブで遊ぶ方にもなじみやすいと思います。もちろん、女の子の連れ出しもできます。「アザミ」の姉妹店です。

9.ネクストドア

出典 http://cebu.realinfo-travelers.com/2015/10/

こじんまりしていますが女の子のレベルは侮れません!

マンゴーエリアにあるバイキンググループのお店です。間口が狭いですが、奥行きのあるお店なので中は結構、広々としています。細長いステージは客席との距離が近く、ダンサーたちの妖艶な踊りを心ゆくまで堪能することができます。所属する女の子の数はあまり多くありませんが、美人が多いと評判です。

10.BG’S(ビージーズ)

出典 http://cebu.realinfo-travelers.com/2015/10/

ノリの良い女の子が多く、中にはびっくりするほどの美人も!

マンゴーエリアにある、こちらもバイキンググループのビキニバーです。スタイルとしてはナイトクラブの区域ですが、女の子たちはいたって気さくで、性格の良い娘が多いと人気です。少数精鋭主義ですが、中にはびっくりするほどの日本人好みの美形もいたりするので侮れません。覗いてみる価値はアリですね。

11.シルバーダラー

出典 https://blogs.yahoo.co.jp/lanibga/23102078.html

オスメニアサークル近くからゴールデンピークホテル近くに移転しました!

セクシーでクレイジーな女の子が多いと人気だったこのシルバーダラーは、2015年春にオスメニアサークル近くからゴールデンピークホテルの近くの路地裏に移転しました。以前よりもアクセスが少し悪くなりましたが、ノリの良さは健全で、足しげく通い詰める常連さんは少なくありません。バカ騒ぎしたい方には外せないお店です。

12.アザミ

出典 http://nakanama.blog42.fc2.com/blog-entry-754.html

日本のフィリピンパブスタイルを始めてセブ島に持ち込んだ人気店!

Nエスカリオ通りから少し入ったところにあるこのビキニバー「アザミ」は、日本人が経営に参加しているお店です。そのため、日本のフィリピンパブスタイルで遊ぶことができるセブ島では珍しいタイプのお店です。ASフォルトナ通りにある「アスター」はこちらの姉妹店でもあります。セブ島らしく女の子の連れ出しもできます。

13.ロンスター

出典 https://jdcastillo.wordpress.com/2011/10/01/lone-star-cebu/

地元在住の欧米人たちの人気のお店!濃厚サービスの女の子が多い!

マンゴーエリアから坂を下った1本奥の通りにあるビキニバーです。こちらは昔から地元在住の欧米人たちのたまり場になっているお店で、濃厚なサービスをしてくれる女の子が多いと噂になっています。雰囲気が少し他の店とは異なるので入りづらい感じですが、日本人は大歓迎です。

セブ島での夜遊びの注意点とは

リゾート島として発展したことで生まれた障害が悪徳ガイドによるぼったくりに注意!

フィリピンの中でも安心して夜遊びできるエリアとして人気の高いセブ島なのですが、実はこのセブには、困った問題があります。

 

その問題とは、マクタン島のリゾートホテルに宿泊する観光客を相手にした悪徳ガイドたちのぼったくりなのです。

 

外国人観光客の中にはマクタン島にあるリゾートホテルに泊まっている方もいるのですが、夜遊びスポットはマクタン島付近のリゾートホテルから1時間以上かかるセブシティ側に集中してます。

 

そのため、マクタン島からナイトスポットまで遊びに行こうと思うと、500P以上のタクシー代を支払って位置関係のよくわからないセブシティまでいかなければなりません。

 

セブの夜遊びを把握している方なら何の問題もないのですが、セブに遊びに来るのはこれが初めて、と言う方は不安で仕方ないので、昼間、島内観光等で案内してくれたガイドさんに「遊びの方も連れてってください」と頼んでしまうことが多いのです。多少のガイド料払っても、行き帰りの車の心配をしなくて良いし、店も連れてってくれます。

 

これは一見確かに安心感はあると思うのですが、ガイドたちは店と結託していて、店の従業員が通常の2倍から3倍もの値段をふっかけてくるのです。

 

しかしセブの夜遊びの相場がわからない方は「日本で女の子を一晩連れ出したらこんな値段じゃ済まないよ」と、高い値段をとられていることもわからないまま支払ってしまうのです。

 

店のほうもガイドはお客さんを連れてきてくれる大切な相手なので当然のように上乗せ料金を客に請求します。セブにはこうした二重価格の慣例がありますので、遊びにいかれた際は絶対にガイドに頼らないようにお願いします。

The Woodlands Resort

 

The Woodlands Resortとは、NKFG社Durosland社で手がけるフィリピン退職庁公認の高級コンドミニアムのリゾート施設です。場所はフィリピン・セブ島でマクタン国際空港から車でおよそ40分程度のところに位置していおり、2020年に完成予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です