フィリピン・セブ島の物価は?旅費は?気になるお金のことまとめてみました。

今回は”物価””旅費”などのフィリピン・セブ島の気になるお金のことをまとめてみました。あなたも現地と日本ではどのくらいの生活費の差があるのか気になりますよね?それではさっそくみていきましょう。

フィリピン・セブ島の物価は?旅費は?気になるお金のことまとめてみました。

まずフィリピン・セブ島の物価はどのくらい?日用品など色々まとめ

それではまずフィリピン・セブ島で物価はどの程度なのか、日本とどの程度生活感が違うのかというのを品目ごとに並べてみました。日本の物価と比べたらセブ島での物価はかなり安く感じると思います。(1P=2.3円換算)

セブ島物価一覧

  • ミネラルウォーター(500ml)  20P46円
  • ミネラルウォーター(1.5l)   35P85円
  • ビール(330ml)          45P103.5円
  • コーラ(237ml)         9P20.7円
  • 缶コーヒー(180ml)      28P64.4円
  • 日清カップヌードル         21P48.3円
  • スタバカフェラテ(グランデ)  130P《299円
  • スタバアメリカーノ(グランデ) 120P《276円
  • マックチキンセット       155P《356.5円
  • マックサンデーアイス        25P《57.5円
  • 焼肉食べ放題                                  300P《690円
  • デリバリーお弁当         200P《460円
  • カツ丼              300P《690円
  • タクシー(初乗り)       40P《92円
  • タクシー加算料金          9P《20.7円
  • タバコ(メビウス)                         65P《149.5円
  • ジプニー              7P《16.1円
  • ドライマンゴー(100g)                 40P《92円
  • バナナチップ                                    40P《92円
  • 石鹸                                                   40P《92円
  • ボールペン           15P《34.5円
  • 映画               120P《276円
  • 消費税               12% 
アロハ美女
どう?日本とフィリピン・セブ島とでは全然物価が違うでしょ!日本にある同じ店の同じ商品ですら格安になっているわね!日本の収入のままフィリピンで暮らせばお金持ちかも!?

セブ島への旅費はいくらくらいなの?

実はセブ島への旅費と一言で言っても、その旅行のスタイルによってかかる金額が全然違います。リゾートを楽しむ旅行か、現地の方々との交流を楽しむ旅行なのかなどです。先述したように、フィリピンの物価はとても安いですよね。しかし安いからと言って何でもかんでも買って浪費していたら、どんな旅行の仕方でも出費は余計にかかってしまいます。

 

下のプランを参考にして1日の予算を立てれば、全体にかかるおおよその旅費というものがわかるハズです。

▶︎必見!フィリピンの通貨”ペソ”の両替情報まとめ

プラン1.現地の人々と交流するセブ旅行

ゲストハウスなどに宿泊しながら、街の食堂などを利用し移動は地元の方々が利用する公共交通(ジプニーやバスなど)を利用します。フィリピンに住んでいる方々の素顔に出会えるチャンスがたくさんの旅行です。このような旅行プランは、予算もぐっと安くて済みます。

 

たいていの安宿はロッジやホテル、ペンション、ゲストハウスなどという名称が名前についており、予約なしで誰でも簡単に泊まれ値段は交渉次第です。大体の安宿の宿泊費が1泊700円〜2,000円で、食費が1日300円〜1000円です。また、移動のための交通費は市内移動であればジプニーでどれだけ乗っても30円程度で、バスで長距離を移動しても500〜700円くらいと格安です。

 

このように考えると、この現地の人々と交流する最安値プランでは、1日当たりの旅費が1,500円〜3,800円程度で過ごすことができるということです。もっと言えば、切り詰められる方であれば1日1000円程度で生活できてしまうでしょう。

プラン2.南国リゾートを満喫するセブ旅行

宿泊先はリゾートホテルで、食事はレストラン、滞在中は様々なマリンスポーツやスパなどを楽しむなんていう南国リゾート”セブ島”を満喫する旅行プランであれば、ホテルは1泊7,000円〜20,000円で、レストランは1食1000円〜3000円程度です。移動はガイドさん付きのツーリストカーで1日7,000円で、1日の旅費は15,000円〜30,000円程度というところですね。

 

この程度の1日の予算があれば、何不自由なくセブ島のリゾートライフを満喫できます。その快適さは言うまでもないですよね。当然移動費がない分多少は安くなりますが、この場合はパッケージ旅行プランの方がいくらか安くなる場合が多いです。

プラン3.上2つの両方いいとこどりセブ旅行

これはゲストハウスに泊まったり、時には奮発してホテルに宿泊したりという先述した2つのプランの両方良いとこどりをしたプランです。時には現地の方々と交流したり、南国リゾートを楽しむアクティビティをエンジョイしたり‥などと変化に富んだ面白いセブ旅行ができるでしょう。

 

このプランであれば、1日あたりの旅費が1,500円〜30,000円とその日によってかなりの旅費の違いが出てきますが、その時々の気分や状況に応じてかなりフレキシブルに動けるのが大きな利点ではないかと思います。

 まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はフィリピン・セブ島の物価や旅費について解説しました。旅行先のお金のことってすごく大切だと思いますのでぜひチェックしてみてください。

THE WOODLANDS ONE TECTONA

 

THE WOODLANDS ONE TECTONAとは、NKFG社Durosland社で手がけるフィリピン退職庁公認の高級コンドミニアムのリゾート施設です。場所はフィリピン・セブ島でマクタン国際空港から車でおよそ40分程度のところに位置していおり、2020年に完成予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です