必見!フィリピンの通貨”ペソ”の両替情報まとめ

今回は”フィリピンの通貨”ペソ”の両替やお金のことについて解説していきたいと思います。旅行先のお金のことは大事だと思いますので絶対にチェックしておいてくださいね。

フィリピンの通貨”ペソ”の両替やお金のことについて

海外に行けば普通、その国の通貨を使わなければならないですよね!高級ホテルやレストランなどではUS$や日本円での支払いも可能な場所もありますが、基本はフィリピンの現地通貨であるペソで現金払いになります。

 

マニラやセブなどの都市では24時間営業のATMなども多くあるのですが、島や小さな村などでは銀行すらないこともあります。

 

フィリピンの通貨に加えて、現地へ行ってからどこで円からペソへ両替ができて、どこで国際キャッシュカードやクレジットカードを使って現地通貨のペソを引き出せるかということを知っておいたほうが良いですよね。まず、フィリピンの通貨についてご説明します。

フィリピンの通貨

まず、フィリピンの通貨は、”フィリピン・ペソ”です。このフィリピンの他にスペインを旧宗主とする他の様々な国々でもペソは使われていますので、基本的にペソは国名を頭につけて区別します。

 

あと、フィリピン・ペソには8種類の紙幣と8種類の硬貨がありますが、その半分の紙幣、硬貨が流通していません。

どこで両替をすれば良いの?

両替には日本円の現金や米ドルの現金が有利です。そして、マニラやセブなどの大都市であれば、両替所はいたるところにあります。他にも空港・ホテル・銀行・大型ショッピングモールなどで両替ができます。

 

レートは街中の両替所が一番良いですが、両替詐欺の被害も多く報告されているので、細心の注意を払うようにしてください。

 

地方や島では、両替レートが悪いということが多いです。必要な分だけあらかじめマニラやセブシティなどの大都市で両替していくと良いと思います。例えば、日本人観光客もよく訪れるボラカイ島は、レートが良くないです。マニラの空港の方がよっぽどレートが良いですね。なので、ボラカイ島に行くのであれば、空港でも良いのでマニラで両替をしていくことをオススメします。

アロハ美女
ただし、一度に多額を両替するのは控えた方が良いでしょう!

クレジットカードは使えるの?

国際キャッシュカードやクレジットカード、トラベルプリペイドカードを所有していれば、ATMでの引き出しやキャッシングができます。しかし、引き出し手数料や現地のATM手数料などを取られるため、現金の両替レートより割高になる場合があるので注意が必要です。

 

1日に引き出せる金額や回数にも制限があります。また、都市部であればATMの台数は多くて24時間いつでも引き出すことが可能ですが、地方には台数が少なく、まったくないところもあります。

 

また、国際キャッシュカードのネットワークがマスターカードやJCBが加盟しているシーラス(Cirrus)なのか、ビザ系列のプラス(PLUS)なのか、クレジットカードがアメックスなのか、などの条件によっても使えるATMが限られてきます。

アロハ美女
ATMに頼りすぎて手持ちのお金がなくなることがないように気をつけましょう!

このクレジットカードはフィリピンでは中級クラス以上のホテルやレストラン、旅行会社や免税店などで利用できます。日本と同様であとで口座から引き落とされる仕組みです。ただし、万が一に備えて使用時のレシートなどは必ず保管しておきましょう。

 

カードの発行を行っている会社は銀行、信販系を中心に多数あります。例えば、海外旅行に頻繁に出かけるのであればマイレージカードや海外旅行保険が付帯したカードを作ると良いでしょう。

 

発行は3週間から1ヶ月程かかりますが、スピード発行してくれるカードもあり、所得のない学生のための専用カードを発行している会社もあります。

国際キャッシュカードは使えるの?

日本の銀行口座にある預金を海外で現地通貨で引き出せます。手数料は取られますが借金ではないという安心感はあります。また、万一現金などを全て紛失してしまっても、日本にいる家族などの知人がその口座にお金を振り込んでくれるだけで良いので手間がかからず、面倒な送金などをする必要はありません。

 

国際キャッシュカードは現金とは別に持ち歩いていると良いと思います。紛失時には機能の利用停止が可能なので、いざという時でも自分のお金を守ることができます。ただし、マニラ等の大都市以外では利用出来るATMがない場合も多いのでそこは注意が必要でしょう。

トラベルプリペイドカードとは

外貨両替の手間や不安を解消してくれる便利なカードの一つです。多くの通貨で国内での外貨両替よりもレートが良くて、カード作成時に審査がないというメリットもあります。出発する前にコンビニのATMなどで円をチャージして、その範囲内で渡航先のATMで現地通貨の引き出しができます。

 

各種手数料もかかりますが、使いすぎや現金を持ち歩く不安もありません。安全面、レート、手間など何を重視したいのかというのを考えて、クレジットカードや国際キャッシュカード、トラベルプリペイドカードをうまく使い分けましょう!

フィリピンで注意すべきお金のこととは

フィリピンでは両替詐欺に注意!

エルミタ地区のマビニ通りという場所では、両替詐欺の被害が多数報告されています。フィリピンでは違法両替店は後を絶たないので、特にこの地区で両替をするという場合は細心の注意を払ってください。

セブイルカ
他店に比べて異常にレートが高いなんていう店は疑ってかかったほうが良いよ!

かならず店を出る前にレシートをもらい、渡されたお金を数えて正しい金額かどうかを確認することです。偽札を渡されたなどの例もあるので店内で数え直した際に少しでもおかしいと感じる札が混ざっていたら交換してもらうようにしてください。

クレジットカードの請求通貨に注意!

最近、海外でクレジットカードを使用した際に、カード決済の通貨単位が現地通貨ではなく、日本円にされたというケースが増えています。日本円換算でのカード決済自体は違法ではないのですが、不利な為替レートが設定されていることもあるので、注意しましょう。

 

支払い時に「日本円払いにしますか?」と店から言われるケースもあれば、何も言われずに日本円換算になっている場合もあります。

アロハ美女
サインをする前に必ず通貨の確認をしてくださいね!

お得にWi-Fiルーターを借りる!

JCBカードを持っていれば、海外で便利なWi-Fiルーターをおトクに借りることができます。海外200以上の国と地域で使用可能なJCBグローバルWi-FiはJCB会員であれば、料金が20%引きで利用可能です。さらにルーターの受け取りと返却手数料が無料になります。

HP:JCB GLOBAL WiFi

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はフィリピンの通貨”ペソ”の両替とお金のことについて解説致しました。旅先のお金のことをあらかじめ把握しておくことはとても大事だと思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

The Woodlands Resort

 

The Woodlands Resortとは、NKFG社Durosland社で手がけるフィリピン退職庁公認の高級コンドミニアムのリゾート施設です。場所はフィリピン・セブ島でマクタン国際空港から車でおよそ40分程度のところに位置していおり、2020年に完成予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です