初心者は必見!フィリピンの入出国の際の5つの注意点とは

日本から飛行機でフィリピンへ入国する場合、半分以上はマニラのニノイ・アキノ国際空港(NAIA)に到着します。観光エリアのエルミタ&マラテ地区から約10㎞ほど南へ進んだところにあるパサイ市とバラニャーケ市にまたがってある空港です。また、セブ島の東側に位置するマクタン島のマクタン・セブ国際空港へも直行便が飛んでいます。

 

他にも、ソウル・シンガポール・香港などを経由して、パンパンガ州クラーク自由港内にあるクラーク国際空港から入ることも可能です。ここでは、日本からの直行便があるマニラとセブでの入国について今回の記事では少しご説明しますね。

フィリピンへの入国の注意点

1.マニラでの入国手続き

航空会社によって到着ターミナルが異なりますが、いずれも基本的に手続きは同じです。まず、飛行機を降りて空港ターミナルに入ったら、到着Arrivalあるいは入国Immigrationの表示に従って進むと入国審査Passport Controlのポイントがあります。

 

港内で渡された入国カードと税関申告書、健康問診カードに必要事項を記入して、パスポートと一緒にカウンターで手渡します。旅の目的や滞在日数など質問されることもありますが、ほとんどの場合は何も聞かれずにパスポートに入国スタンプを押してもらえます。これで、審査完了です。

 

次に手荷物が出てくるターンテーブルへと進み、自分の荷物をピックアップしたら、税関customへと向かいます。免税範囲内であれば、「申告なしNothing to Declare」のランプがついているゲームを通過し、そのまま出口へと進みます。

セブイルカ
到着ロビーを出るとタクシー乗り場があるから、迎えがない人などはそれに乗って市内へと向かおう!

▶︎南国で楽しもう!セブ島であなたにおすすめのマリンスポーツ14選とは

2.日本からマニラを経由して各都市へ移動する場合

マニラに到着し、そのまま同ターミナル発着の国内線で移動する人は、入国審査→ターンテーブルで荷物をピックアップ→税関→出口の順で進み、出口付近のエスカレーターで3階の国内線出発エリアへ行きます。

 

荷物検査→チェックイン→荷物検査の順で進み、搭乗ゲートへ向かいましょう。なお、日本でチェックインの際にマニラから各都市へ搭乗券をもらっている場合は、再度チェックインの必要ではないので、そのままゲートへ向かえば大丈夫です。

アロハ美女
別のターミナル発着の航空会社に乗り継ぐ場合は、各ターミナル間を結ぶシャトルバスまたはタクシーを利用してくださいね!

3.セブでの入国手続き

日本からセブへの直行便を利用した場合、マクタン島にあるマクタン・セブ国際空港に到着します。国際線と国内線が一緒になっている小さな空港なので、シンプルでわかりやすいです。

セブイルカ
入国の手続きはマニラと同じで、到着ロビーにホテルのカウンターやツアーの案内所などもあるので利用すると良いよ!

フィリピンからの出国の注意点

4.マニラから出国する際

利用航空会社によって出国するターミナルが違いますので、事前にしっかり確認しておく必要があります。空港に着いたら、国産線出発エリアへ行き、各航空会社のチェックインカウンターで搭乗手続きをしましょう。

 

チェックインをしたら、出国Departureのサインに向かって進んでいくと出国審査のスポットがあるので、そこでパスポートと搭乗券を見せ、パスポートにスタンプを押してもらいます。あとは、手荷物検査を受けて搭乗ゲートに入るだけです。

アロハ美女
免税店でやカフェ、マッサージ店などもありますので、搭乗時刻までのんびりと過ごすこともできます。

▶︎絶対にチェックしておくべきセブ島のおすすめホテル21選とは

5.各都市からマニラ経由で日本へ帰国する場合

国内各都市から一部のフィリピン航空国内線を利用してマニラにいくと、基本的にT2(1階)の国内線到着エリアに到着します。そのままフィリピン航空に乗り継いで、日本へ帰国する人は、ターンテーブルで荷物をピックアップして出口へ向かいます。

 

出口付近にはエスカレーターがありますので、3階の国際線出発エリアへ行きチェックインの手続きを済ませましょう。出国のサインに向かって進み、出国審査を受けます。あとは指定ゲートで搭乗を待てば良いだけです。

 

各都市からセブ・パシフィックまたはフィリピン航空国内線(PALエクスプレス運行便)を利用した場合はT3の国内線到着エリアに着きます。全日空やセブ・パシフィックの国際線に乗り継いで帰国する場合は、そのままターミナル内の国際線出発エリアへ移動すれば良いです。

アロハ美女
ただし、それ以外は違うターミナルへ移動しなくてはならないので注意をしてくださいね。
セブからでも出国の手続きは、基本的に上記したマニラの場合と同じです。チェックイン後、出国審査を受けてゲートへと向かいます。

THE WOODLANDS ONE TECTONA

 

THE WOODLANDS ONE TECTONAとは、NKFG社Durosland社で手がけるフィリピン退職庁公認の高級コンドミニアムのリゾート施設です。場所はフィリピン・セブ島でマクタン国際空港から車でおよそ40分程度のところに位置していおり、2020年に完成予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です